2015 インド・ケララ旅行 ケララ 2 Taj Malabar Hotel 

楽天ブックス

こんにちは

3回目のSadyaを食べてホテルに戻りました。

お腹いっぱいですが、一昨日まで宿泊したTaj Malabar Hotelの宿泊記を忘れる前に・・・

Taj Malabar Hotel

Vivanta by Taj - Malabar
VIVANTA BY TAJ. A SPIRITED NEW PORT OF PLEASURE. Historians will tell you that Kochi is a modified form of the word 'Cochazhi', which translates to 'small sea'....
Vivanta By Taj Malabar, A 5 star rated hotel in Willingdon Island, Kochi - Cleartrip.
Book Vivanta By Taj Malabar, A Five star hotel in Willingdon Island, Kochi. Use HOTELDEALS and get ₹ 13,000 cashback. 100% Genuine Reviews, Photos, 24*7 call su...
★★★★★ ヴィヴァンタ バイ タージ マラバール, コーチ, インド
植民地時代のヴィクトリア様式の特徴とシックでモダンなデザインを兼ね備えた5つ星のVivanta by Taj...

ダイアナハイツの用意した、タクシーというかお抱え運転手の車に乗車し、ウィンリントンアイランドにあるTaj Malabar Hotelまで移動しました。

普通乗用車で、サスペンションがへたっている車だったため、段差があると尻もちつきます。

なので、運転手さん勢いよくリキシャーを抜いていっても、段差があると抜かれまくり。

そして抜き返して・・・

客が乗っていても、自分の頭の中の世界は、劇場なんだからしょうがないとおっしゃっていましたが・・・

ちょっと怖かった。が数度ありました。

バイクも4人家族全員乗っていたり、車線なんてあるのかないのか、気にしていません。

が、警官がいるところでは言うことを聞いています。

捕まりたくないから、どこの国でも同じなのでしょうか?

運転の荒いタクシーに乗りつつも、車酔いしなかった4人組。

無事、Taj Malabar Hotelに到着です。

ホテルのゲートでは、タクシーに不審物が付いてないかのチェックも行われ、ホテルの格の違いを感じます。

DSCN0094

DSCN0095

ホテル内に入り、まずはウェルカムドリンク。

冷たい、レモネード。

DSCN0084

DSCN0092

DSCN0091

DSCN0090

DSCN0093

DSCN0089

ホテルの敷地内に猫の額程度のスパイスガーデン。(笑)

バスで5時間揺られてスパイスガーデン見に行かなくても、私的にはこれで十分かな??

DSCN0096

DSCN0097

DSCN0098

DSCN0099

DSCN0100

DSCN0101

DSCN0102

DSCN0103

DSCN0104

DSCN0105

DSCN0106

DSCN0107

DSCN0108

DSCN0109

DSCN0110

DSCN0111

DSCN0112

DSCN0113

DSCN0114

DSCN0115

DSCN0116

DSCN0097

DSCN0098

DSCN0099

スパイスガーデン見学後、フォートコーチンに向かいましたが、そのお話は、後ほど。。。

フォートコーチンから帰ってきて、晩御飯をどうするかみんなで悩みました。

ウィンリントンアイランドの先端部のため、ホテル内での食事にするか、タクシーに乗って外食するのか?

でも、タクシーで出かけるのは中止にして、折角のTaj Malabar Hotelなので、ホテル内で食事しようということになりました。

では、何を食べるか?

中華?パスタ?等の選択肢もありましたが、やっぱり南インド料理に落ち着きました。

でも、ライスボートとペッパーの違いがよくわからなかったので、ペッパーにて食事をすることにしました。

まずは、キングフィッシャービール。

チェンナイの工場や、他エリアでのキングフィッシャーと比べて断然に美味しいと感じるケララ産のキングフィッシャー。

そして、このゴールドはケララでしか飲めません。うまい!

DSCN0145

DSCN0148

DSCN0151

DSCN0144

DSCN0141

DSCN0142

DSCN0143

Vendakka thakkali fry(オクラとトマトのマサラ炒め)

玉ねぎがクタクタに炒められ、トマトも2回(炒め溶かしたものと原型を残したもの)使われているのか、揚げられたオクラと絶妙に絡み合って美味しかった。

DSCN0152

Calicut mutton biryani(ケララのカリカット(コジーコード)地方のマトンビリヤニ)

ビリヤニの米が、kima rice(小粒の香り米)です。

ふんわりしていて美味しいビリヤニでした。

DSCN0153

ライタ ビリヤニ頼むとついてくるのか?ビリヤニが来たとき、ライタ、ライタと呟いたから持ってきたのかは不明です。

DSCN0163

Karimeen polichathu(カリミーンのバナナ包み蒸し焼きです。)

DSCN0154

DSCN0155

DSCN0156

マサラも結構たっぷり塗られていますが、ここのマサラにはココナッツミルクは使用されてないようです。

ココナッツオイルは使っていると思いますが、トマトの味が強かったかな?ライムをしぼると、味がさーっと変わる印象が楽しめました。骨だらけで身はそんなにないけれど、美味しいお魚さんです。

DSCN0157

Nadan kozhi charu(ケララチキンカレー)

大きめの鶏肉が、所狭しとゴロゴロしていました。ココナッツもたっぷり使われ、コクというか後味が口の中に残るケララチキンでした。

DSCN0159

Mutta thalichathu(玉子のココナッツミルク入りカレーです。)ほのかに香るガラムマサラ。ポーチドエッグが中に入っているのですが、卵黄もギリギリ固まったかな!?の状態でした。美味しい料理でした。

DSCN0161

食後、ホテルの敷地内を散策してみました。

DSCN0166

あら、愛を語らう二人❤️発見。

邪魔してはいけません。

DSCN0167

DSCN0168

DSCN0169

DSCN0170

DSCN0172

ゆっくりした翌日の朝食は、サンバル、カダラカリー、チャナマサラ、ココナッツチャトニ、フレッシュトマトチャトニ、イドゥリ、プットゥ、スチームドバナナ、メドゥ・ワダ、ハルワ、凄くパサパサしたウップマ

DSCN0173

プットゥお代わりしたら、サンバルやベジタブルシチューがなかったのでココナッツチャトニだけでプットゥ。

口がパサついて食べづらかったです。

DSCN0176

マサラオムレツ。外人にだけトマトとポテトが付いているようでした。個人的には要らないかなぁ。塩味も付いてなかったのでテーブルにあった塩、胡椒を皿の脇に予め出しておいて、ちぎったオムレツを付けていただきました。

DSCN0178

アッパムとシチューも作ってもらえたので、注文。アッパムあるの?と聞いたら喜んでました。

DSCN0180

DSCN0181

DSCN0184

フルーツはパパイヤ、パイナップル、スイカ、メロンも食べて満足、満腹DSCN0185

DSCN0191

DSCN0187

DSCN0190

食後はまたもや敷地内を散策。

バナナがたわわになっていました。

DSCN0195

このボートの中がライスボートというレストランです。

DSCN0196

Barも明るいと雰囲気でませんね。

DSCN0197

DSCN0198

この海の対岸は、フォートコーチンなのですが、私達がホテルをチェックアウトした後にジェッティ(エンジン付き渡し船?)とコンテナが衝突し、この海で6名の方が亡くなられたようです。

DSCN0199

DSCN0200

既報の通り、石像に噛まれるN-jiriさんを発見しました!とりあえず、写真に収めました!

DSCN0201

最後は、プール。シーズン終わりなのか、泳いでいる方は誰もいません。もちろん私達も泳ぎませんでした。が、本当は泳ぎたかった・・・。泳いでいたら、トドと間違われるかも!?

DSCN0202

DSCN0203

Taj Malabar Hotelの滞在記は以上です。

設備等は古いけれど、伝統と気品を感じるホテルでした。

ホテルで働いている方々の対応も素晴らしく、長期滞在したいホテルです。

今回の宿泊では、フォートコーチンに出かけてしまったため、クッキングレッスン、モヒニアッタムの踊り、ハイティ、無料クルージングが楽しめませんでしたが、どれも無料のサービスのようです。

次回は、一つでも楽しめたらいいなぁと思います。

フォートコーチンでの食事、洋服のお買い物は次回のブログに書き留めます。

まだまだ、つづく

スポンサーリンク
トップページ広告 レスポンシブ
ブログ村
ブログ村に参加しました。 よろしければポチお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク

スポンサーリンク
トップページ広告 レスポンシブ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。