焦げたスパイスのキャベツアチャール

楽天ブックス

こんばんは

昨日のランチで食べたがっかりなものをちょっとご紹介。

場所は、都内某所・・・

店名は、ムニャムニャ・・・

私の本職は(まだ)不動産屋さんなんですが・・・

知り合いがオーナーの建物に賃借人としてカレー屋さんが入ったということで、そのお店に行ってみようということになりました。

本当は行きたくなかったのですが、そういう風に言われては断れません。

注文したのはカレー3種のセットメニュー。

待つこと数分で運ばれてきました。

見た感じは、こんな感じです。(シーフードとチキンと野菜です。)

image

って、全然見えません。(笑)

カレーの味は・・・好き嫌いもあると思うのでコメント控えます。

ライスは、ほとんどありません。

マンゴーアチャールは、辛いからね!、辛いからね!と言われたけれど普通でした。

キャベツのアチャールが問題です。

このお店のアチャールの作り方は、

こんな感じです。

焦げたスパイスのキャベツアチャール
Ingredients
  • キャベツ(3cm角位)
  • ターメリック
  • チャナダル
  • クミンシード
  • ブラウンマスタードシード
  • レモン汁(酢)?
  • 砂糖
Instructions
  1. フライパンで油を温め、チャナダルを入れ、黒くなるまで炒める。
  2. クミンシードを入れ、黒くなるまで炒める。
  3. マスタードシードをいれる。
  4. マスタードシードが爆ぜる前にキャベツを加え炒める。
  5. ターメリックを加え炒める。
  6. レモン汁と砂糖を加え炒めて完成。

チャナダルとクミンシードは完全に真っ黒焦げの炭状態になってしまいました。

マスタードシードは爆ぜる前にキャベツを投入してしまい、フライパンの温度が下がってしまったので丸のまま。

「わー真っ黒焦げだ!」と大きい声で言ったのでインド人(ネパール人?)の店員にも聞こえていたと思います。

人それぞれ作り方があるとは思いますが、真っ黒焦げにして炭化したものを提供してはいけません。

入店したときは二組のお客様がいましたが、私が退店するころはノーゲストでしたので、一言伝えようと思ったのですが・・・同席した人たちの手前、進言することはできませんでした。

まぁ、もうそのお店にはいかないからいいけれど(^^;

 

今になって後悔、ちゃんと伝えればよかった。

もしかしたらそういうレシピなのかもしれないし・・・(笑)

 

 

 

スポンサーリンク
トップページ広告 レスポンシブ
ブログ村
ブログ村に参加しました。 よろしければポチお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク

スポンサーリンク
トップページ広告 レスポンシブ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。