南インドのコーヒーについて

まったりと夏季休暇を苗場にて過ごしています。

コーヒーが飲みたくなり、コーヒーメーカーでドリップしている際ふと思いました。

インドのコーヒーについての知識が全くありませんので、南インドのコーヒについて、検索してみました。

苗場のマンション自体はネット接続されているのですが、自分の部屋まで通信環境を整えていません。

iphoneでデザリングしているため、通信環境はそれほど良くはないのですが、情報の寄せ集めでもまとめておけば自分自身の役に立つかなと思いました。

皆様にとってはありきたりの情報かもしれませんが、笑って見過ごしてください。

南インドのコーヒーについて

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja

Googleで検索してみました。

掲載された順に、いい情報がないか見てみました。(といっても、ほんの少しですが。)

まずは、インディアンコーヒーについて

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC

あれ!?今は7位になってますが、記憶の中では5位だったのに・・・

もしかしたら、紅茶が5位だったのかな・・・

http://www.globalnote.jp/post-1014.html

ブラジルは抜きん出ていて、ベトナム、インドネシア、コロンビアの順に続くようです。

そして、5位以下はどんぐりの背比べ状態でした。そのため、ごくわずかな生産量で5位から7位に変動したようです。

コーヒーベルト地帯ってなんなのかな?と思い、引き続き検索してみました。

AGFさんのサイトです。マップ入りで分かりやすいです。

http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/flow/know_02.html

色々なサイトを見てまわるとコーヒー豆は、気温が氷点下になってしまうと根が死んでしまい、30度以上が続きすぎるといけないと書いてあります。なんだか、気温は違うけれどカレーリフみたい。

以前、ケララの風ⅡのN-jiriさんが日本でも生のカレーリーフを!ということで、いろいろなところにカレーリーフの栽培をお願いしていました。

インド料理に興味も持っていないであろう農家さんに、そのカレーリーフを使用した料理を勝手に送りつけたり・・・

その甲斐あって、南インド料理を扱うお店のほか、個人の消費も殆どゼロの状態がえらいことになっています。

えらいこととしたのは、多分統計は取られていないだろうから根拠を示すことができませんので凄いことの例え?でえらいこととしました。まぁ、そのままでもいいのですが。

個人レベルでも、興味のある方々を募り、カレーリーフの種の配布を行ったりの努力は凄かったです。

今では、カレーマニアにまでならずとも南インド料理やスリランカ料理に興味のある方の少数は自己栽培をされています。

N-jiriさんの用意したカレーリーフの遺伝子が、脈々と広がっているのです。

あ、脱線しました。

そのベルト地帯に、南インドの一部が入っていますね。

日本でも、沖縄はベルト地帯からやや外れているものの、商業ベースでコーヒー豆を栽培しているところもあるようです。

では、どんなコーヒー豆が作られているのでしょうか?

コーヒー豆の種類について

UCC上島珈琲さんのサイトです。

https://www.ucc.co.jp/enjoy/take/more/category2.html#anc03

上記サイトでは、インドのコーヒー豆は主にアラビカ種とのことです。

また、カネフォラ種ロブスタというものも生産されているようです。

では、このアラビカ種の特徴についてサイト検索してみました。

AGFさんのサイトです。

http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/flow/atoz_04.html

ロブスタ種に比べて、標高の高い地域で生産されているようです。

コーヒー豆の種類によって、風味を楽しんだり、苦味を楽しんだりするんですね。

苦味については、焙煎の技術で補うことも可能だと思うのですが、そこまで突っ込んで調べません。

なぜ!?

そこまで調べたら、私自身、嵌ってしまいそうなので。

そして、その技術習得のためには・・・やめときます。

インド国内のコーヒーショップについて

私自身、喫茶店ってあまり入ったことありません。

まぁ、時間潰しのためにスタバとか入るようになったのですが、以前はそのような時間があれば・・・の考えを持っていました。

最近は、まったりとコーヒーを楽しんだりするのもいいかなぁと思っています。

インド国内でコーヒーを飲む機会といえば、食堂でも、レストランでも食後になるんじゃないかな。

インドにもスタバってあるのかな!?と思って検索してみました。

http://gotrip.jp/2015/07/20605/

インドにはスターバックスを凌ぐ、Café Coffee Dayって行ったことあるかな?

多分ないだろうから、ケララ旅行の際、ちょっと寄ってみたいなぁ。と思ったら、入っていました。

南インド旅行18 チェンナイ10 歩き回って最後のランチ

でも、N-jiriさんはアイスコーヒー飲んでますが、私は・・・デザート食べていました><(笑)

 

武蔵小山にある知り合いのお店で「Indian Chai House」というディープなお店があります。

最近お伺いしていないのですが、ここのお店のチャイは気に入っています。

http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13040564/

店主は脱サラ後、インド等を放浪しお店を持たれたのですが、以前そのお店の名前の「Chai」を「Coffee」に変えて検索したら当然のようにお店が検出されました。

ちょっと行ってみたいなぁと思い、再び検索してみました。

http://indiancoffeehouse.com/

しかも、コーチにもお店があるじゃないですか!!

http://www.indiancoffeehouse.com/branches.php?distid=5

時間があれば、両方のチェーン店に行ってみて、豆なんか購入できたらいいなと思います。

コーヒー豆 インド・モンスーン

最後に、インド国内には色々とコーヒー豆があるようですが気になったコーヒー豆を調べてみました。

モンスーン・マラバール!

http://shinbashi.keizai.biz/headline/1331/

新橋にいまでもショップがあるのかわかりませんが、お店があれば、旅行に行く前に味わってみたいと思いました。

インドではありませんが、ジャマイカのブルーマウンテン久しく飲んでないので、飲みたいと思いつつ・・・

おしまい。

このブログを書いているときの・・・ おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください